株式会社RayVisionは医療用デジタルX線システムのスペシャリストとして最先端の画像診断機器を提供します。
Rayence製DR(フラットパネル)や口腔内CMOSセンサー、VATECH 製ポータブルX線照射機などの先端技術・システム提供によって、日本の医療の発展に寄与し続けています。またRayVisionは日本国内の情報提供・製品販売・アフターサービスをトータルにマネジメントしています。
医療は日進月歩で進化し続けています。これまで治癒が困難とされていた症例も、新たな技術とシステムによって、的確な処置が行える時代となっています。
その治療のベースとして絶対に不可欠なものが「正確な診断」です。RayVisionはフラットパネルやデジタルパノラマレントゲン、画像処理ソフトなど先端のデジタルX線関連製品を通じて「正確な診断」を進めていただく事を企業使命としています。
そこから患者さん一人ひとりに最善の治療が提供され、笑顔と健康が広がっていく。それがRayVisionの願いです。

会社概要

商号:株式会社RayVision
設立:平成25年01月29日
所在地:埼玉県さいたま市大宮区土手町1-18-1 ロザール大宮404
電話番号:048-657-2601
FAX番号:048-657-2602
事業内容:平面検出器(FPD)各種の販売、歯科用パノラマX線撮影装置の販売、X線撮影装置
取引銀行:埼玉りそな銀行大宮支店
主な取引先:

代理店契約:Rayence Co.,Ltd / Vatech Global Co.,Ltd
業許可:第2種医療機器製造販売業可、高度管理医療機器等販売業

Rayence Co., Ltd.について

レイエンスは韓国KOSDAQ上場企業で、デジタルX線を取り巻く要素に特化し、CMOS/TFT検出器のテクノロジーをもとに医療、獣医学、歯科および産業分野をリードしています。レントゲン機器の世界販売台数第2位(2018年)であるVATECHのグループ会社で、ゼネラルエレクトリックをはじめとする様々な企業・医療団体への流通サービスを提供しています。

導入実績